蒼sou

「弦月形前立」伊達政宗(だて まさむね)の甲冑兜をモチーフにしたシルバーアクセサリー。
伊達政宗で有名な三日月の前立てが特徴的で、作りは細かくリアルに再現されているので、高級感があります。

伊達政宗(だて まさむね)は、出羽国と陸奥国の戦国大名。陸奥仙台藩の初代藩主。

三日月形の飾りの由来は、妙見信仰から来るものと言われ、当時、北斗七星は周囲の星が動いても不動の位置で中心であり旅人を北へ導くことから、武士の間では月や星には特別な力があり、その力にあやかろうと特に武将の家紋や武具などにふんだんに取り入れられていたと伝えられています。

また、伊達政宗の兜の三日月の弦月が右手から左上へ(左右非対称に)長く流れているのは、デザイン上のバランスは言うまでもなく、実際の戦闘で太刀を振りかざす際に、支障のないようにとの配慮がなされています。

「独眼竜政宗」という言葉は、蘆名家を滅ぼした摺上原の戦いの勝利を祝う席で政宗を「昇り竜」と評し、これを機に独眼竜政宗と呼ぶことを提案した成実の発言に端を発する。


■素材 シルバー925
■重量 約12.3g
■サイズ
(H=高さ×W=横幅×D=奥行き)
・約2.7×3.9×2.0cm

※チェーンなしのタイプになります。
※こちらの商品は全て手作りの為、受注制作となります。お届けに10日前後頂きますのでご了承下さい。
(シルバーアクセサリー/ペンダント/メンズ/戦国武将/伊達政宗/甲冑兜)
和柄シルバーアクセサリーの通販『仁zin』
型番 zin-n0009
販売価格

11,500円(税抜)

購入数
和柄シルバーアクセサリーの通販『仁zin』 和柄シルバーアクセサリーの通販『仁zin』

海外発送について

海外への発送をご希望するお客様は下記リンクからご注文ください。

巻物

新商品入荷情報等をいち早くお届けします。

登録・解除はこちら

和風アクセサリー仁zinのおすすめサイト