日本刀(にほんとう)は、日本固有の製造法によって作られた刀剣類の総称。刀剣類は、日本では古墳時代から作られていたが、一般に日本刀と呼ばれるものは、平安時代末期に出現してそれ以降主流となった湾曲した刀のことを差す。寸法により刀(太刀・打刀)、脇差(脇指)、短刀に分類される。

▼売れ筋順位
【第壱位】
日本刀シルバーアクセサリーピアス 斬zan
日本刀シルバーアクセサリーピアス 日本刀ピアス
今までにない「和」をモチーフにデザインされた日本刀のシルバーアクセサリー。 古来から武器としての役割と同時に美しい姿に「武士の魂」としての象徴的な意味を持ち合わせる。
耳元から輝く日本刀はまさに圧巻の一言です。

>>>続きはこちら


【第弐位】
日本刀シルバーアクセサリーペンダント 天ten
日本刀シルバーアクセサリーペンダント 日本刀シルバーアクセサリーペンダント
日本刀をモチーフにしたペンダントトップ。 古来から武器としての役割と同時に美しい姿が「武士の魂」として象徴的な意味を持つ。
刀は実際に引き抜くことが可能です。

>>>続きはこちら


【第参位】
日本刀シルバーアクセサリーリング 朧oboro
日本刀シルバーアクセサリーリング 日本刀シルバーアクセサリーリング
日本刀モチーフのフリーサイズ仕様のシルバーリング。いぶしの陰影で本物並みの重厚感を強調した仕上りで、刃も打ちならしたかのような見事な出来栄えです。

>>>続きはこちら


【第四位】
日本刀シルバーアクセサリーボディピアス 無mu
日本刀シルバーアクセサリーボディピアス 日本刀シルバーアクセサリーボディピアス
刀身を直接ピアスホールに刺しことによって、すれ違う人が見とれてしまうぐらい迫力がある日本刀をモチーフにしたボディーピアス。

>>>続きはこちら


【第伍位】
日本刀シルバーアクセサリーリング 地chi
日本刀シルバーアクセサリーリング 日本刀シルバーアクセサリーリング
竹林で日本刀を抜く刹那を表現したデザインリング。まさに武士の生き様の象徴。表面の竹の細部にまでこだわった竹林は「墨」一色で表現される水墨画で描いたような図。

>>>続きはこちら


【第六位】
日本刀シルバーアクセサリーペンダント 一ichi
日本刀シルバーアクセサリーペンダント 日本刀シルバーアクセサリーペンダント
日本刀モチーフのシルバーペンダント。鍔は菊透かし黒燻。
チェーンを通すバチカンには菊をあしらい伝統的なモチーフを使いつつも、アレンジを加えて現代風のデザインです。

>>>続きはこちら


古来から武器としての役割と同時に美しい姿が象徴的な意味を持ち、美術品としても評価の高い物が多い。古くから続く血統では権威の証として尊ばれていた。また武家政権を背景に「武士の魂」として精神文化の支柱として機能した。
また「日本刀」という名称が、日本人にとっての一般的名称として広まったのは幕末以降のことであり、「日本刀」は元来、海外からみた場合の呼称である。古来の日本では「刀(かたな)」、もしくは「剣(つるぎ)」と呼び、「日本刀」という呼称を使っていない。


■お品書き
 »商品から探す
耳刺(ピアス) 指輪(リング) 首飾(ペンダント) 装飾(ボディピアス) 首鎖(チェーン) 包装(ラッピング)

 »人気題材から探す
桜(さくら) 蓮(はす) 鎖鎌(くさりがま) 手裏剣(しゅりけん) 苦無(くない) 銀狼(おおかみ) 蝶(ちょう) 折鶴(おりづる) 蛙(かえる) 龍(りゅう) 菊(きく) 金魚(きんぎょ) 薔薇(ばら) 髑髏(どくろ) 鬼灯(ほおずき) 火縄銃(ひなわじゅう) 日本刀(にほんとう) 兜(かぶと) 戦国武将/幕末志士