■お手入れ・お取扱いについて

□仁 zinの素材【貴金属】
貴金属は加工する時に割り金といって、他の金属を混ぜます。そうすることにより、硬度が上がったり、加工がしやすくなったりします。指輪などは変形しにくく、傷もつきにくくなるってことですね。そして混ぜる金属によって色も変化します。

シルバーの製品には925や950といった刻印が押されていることが多いです。これは1000分率を表しています。つまり1000分の925が銀、1000分の950が銀という事になります。そして残りは主に銅が入ります。更に金、パラジウムを加えるとピンクシルバーになります。
仁zinでは主に、Silver925を使用しています。

□お手入れ方法
いつまでも大切にご着用いただけるよう、日々のお手入れをおすすめします。

【日々のお手入れ方法】
・ シルバー
洗浄液での洗浄と専用クロスでの磨きを行い、黒ずみや変色がでた場合は専用クリーナーをご使用下さい。
・ ゴールド
洗浄液での洗浄、または柔らかい布でやさしく拭いて下さい。

【ケア用品】
・ SILVER LIP
→シルバー専用クリーナー
シルバーの酸化による黒ずみ、変色を除去します。ほかの貴金属および天然石には使用できません。
・ REMOVE DIRT CLOTH
→シルバー専用クロス
研磨剤入りの磨き布です。つやを失ったシルバーに輝きを戻します。

それぞれのケア用品ご使用後は、必ず手早く水洗いをし、完全に乾いてから空気に触れないよう袋に入れて保管して下さい。
なおケア用品ご使用の際は、使用方法、注意事項をよくお読み下さい。

□アレルギーについて
金属アレルギーの方や肌に異常を感じた方はご着用をすぐにやめて専門医にご相談ください。特にピアスは皮膚を貫いて皮下組織に直接金属が接触するために、初めて着用される場合は注意が必要です。

□ご使用上の注意
・ 落とす、ぶつける、無理な力で引っぱる、重いものを乗せる等、強度の負荷、衝撃を与えますと破損する恐れがありますのでお気をつけ下さい。重い物を持つ時などは外して下さい。
・ 雨、水、湿度等の要因で変質する場合がありますので、長時間水分に浸漬させないで下さい。入浴(特に温泉)、手洗い、炊事、洗濯等の際はお外し下さい。貴金属の変色、天然石の破損の要因となります。また、ドライヤーや暖房などの火気、熱源にもご注意ください。お手入れの際の水洗い、ドライヤー乾燥は短時間で行って下さい。
・ 果物の汁、汗等の酸に弱く、これらに触れると変色してしまう恐れがあります。また、薬品、化粧品、香水等が付着しないようお気をつけ下さい。
・ 体質によってかゆみ、かぶれが生じる場合がありますので、皮膚に異常を感じたときはご着用をおやめいただき、専門医にご相談下さい。
・ 力仕事や激しいスポーツを行うとき、就寝時や幼児の世話をするとき、身体に思わぬ危害を及ぼす場合がありますのでご注意下さい。
・ サウナ等高温の場所やスキー場等極寒地では、火傷、凍傷の要因となる場合がありますので、ご着用をおやめ下さい。
・仁zinのシルバーアクセサリーはデザインを重視しており、商品によっては先端が尖った部分があります。激しい運動をするときは外すか、十分に注意して下さい。
・細かい部品のあるものや鋭利になっている部分がありますので、お子様が誤って飲み込んだりしないように、手の届かないところに保管して置いて下さい。
・お客様の責任の範囲内で着用し、充分ご注意下さい。


■お品書き
 »商品から探す
耳刺(ピアス) 指輪(リング) 首飾(ペンダント) 装飾(ボディピアス) 首鎖(チェーン) 包装(ラッピング)

 »人気題材から探す
桜(さくら) 蓮(はす) 鎖鎌(くさりがま) 手裏剣(しゅりけん) 苦無(くない) 銀狼(おおかみ) 蝶(ちょう) 折鶴(おりづる) 蛙(かえる) 龍(りゅう) 菊(きく) 金魚(きんぎょ) 薔薇(ばら) 髑髏(どくろ) 鬼灯(ほおずき) 火縄銃(ひなわじゅう) 日本刀(にほんとう) 兜(かぶと) 戦国武将/幕末志士