戦国武将

伊達政宗
戦国武将シルバーアクセサリー 伊達 政宗(だて まさむね)は、出羽国と陸奥国の戦国大名。陸奥仙台藩の初代藩主。 伊達氏第16代当主・伊達輝宗と最上義守の娘・義姫(最上義光の妹)の嫡男。幼少時に患った疱瘡(天然痘)により右目を失明し、隻眼となったことから後世独眼竜と呼ばれた。

【戦国武将】伊達政宗 三日月兜 | 和柄シルバーアクセサリーの通販『仁zin』【戦国武将】伊達政宗 三日月兜シルバーペンダント

戦国武将で有名な伊達政宗の三日月前立て甲冑兜シルバーペンダント『蒼sou』作りは細かくリアルに再現されているので、存在感があります。
>>>続きを読む



坂本龍馬
戦国武将シルバーアクセサリー 坂本 龍馬(さかもと りょうま、天保6年11月15日(1836年1月3日) - 慶応3年11月15日(1867年12月10日))は、江戸時代末期の志士、土佐藩郷士。
諱は直陰(なおかげ)、のちに直柔 (なおなり)。龍馬は通称[1]。 他に才谷 梅太郎(さいだに うめたろう)などの変名がある (手紙と変名の項を参照)。
土佐郷士に生まれ、脱藩した後は志士として活動し、貿易会社と政治組織を兼ねた亀山社中(後の海援隊)を結成した。薩長同盟の斡旋、大政奉還の成立に尽力するなど倒幕および明治維新に影響を与えた。大政奉還成立の1ヶ月後に近江屋事件で暗殺された。1891年(明治24年)4月8日、正四位を追贈される。


真田幸村(真田信繁)(永禄十〜元和元)
戦国武将シルバーアクセサリー 真田 信繁(さなだ のぶしげ)は、安土桃山時代から江戸時代初期の武将。永禄10年(1567年)とされる生年は没年齢の49歳から逆算されたもので、月日は不明。 武田信玄の家臣であった真田幸隆の孫であり、真田昌幸の次男。
江戸時代初期の大坂の役で活躍し、特に大坂夏の陣では寡兵を持って徳川家康の本陣まで攻め込み、徳川家康を追いつめた。
大坂の陣を契機に、陣に参陣・参戦した将兵による記録・証言が基となって、幕府・諸大名家の各種史料にその戦将振りが記録された。


直江兼続(永禄三〜元和五)
戦国武将シルバーアクセサリー 直江 兼続(なおえ かねつぐ)は、戦国時代から江戸時代前期にかけての武将。上杉氏の家老。
秀吉が死去すると、徳川家康が台頭するようになる。景勝・兼続主従は、前領主・蒲生家の居城若松城に代わり、新しい(神指城)の築城を始めていた。戦のためではなく会津の町を新たに作り直す狙いがあったとされるが、親徳川で上杉家を出奔した藤田信吉や堀秀治が上杉家謀反を訴えると、以前城の普請を許可したはずの家康は上杉家を詰問する。


前田慶次郎(生没年不明)
戦国武将シルバーアクセサリー 前田 利益(まえだ とします)は、戦国時代末期から江戸時代初期にかけての武将。現在では一般に前田慶次/慶次郎の名で知られる。滝川一族の出身で、前田利家の義理の甥。子は一男三女(五女とも)をもうけた。


織田信長(天文三年〜天正十年)
戦国武将シルバーアクセサリー 織田 信長(おだ のぶなが)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将・戦国大名。三英傑の一人。
尾張国(現在の愛知県)の古渡城主・織田信秀の嫡男[6]。
室町幕府を滅ぼし、畿内を中心に強力な中央政権(織田政権)を確立。戦国時代の終結に最大の影響を与えた人物の一人である。この政権は豊臣秀吉による豊臣政権、徳川家康が開いた江戸幕府へと続いていった。




■お品書き
 »商品から探す
耳刺(ピアス) 指輪(リング) 首飾(ペンダント) 装飾(ボディピアス) 首鎖(チェーン) 包装(ラッピング)

 »人気題材から探す
桜(さくら) 蓮(はす) 鎖鎌(くさりがま) 手裏剣(しゅりけん) 苦無(くない) 銀狼(おおかみ) 蝶(ちょう) 折鶴(おりづる) 蛙(かえる) 龍(りゅう) 菊(きく) 金魚(きんぎょ) 薔薇(ばら) 髑髏(どくろ) 鬼灯(ほおずき) 火縄銃(ひなわじゅう) 日本刀(にほんとう) 兜(かぶと) 戦国武将/幕末志士